スポンサードリンク

Top >  じんましんの種類 >  日光じんましん

日光じんましん

日光じんましんとは、日光にあたった部分にできるじんましんです。
日光じんましんは非アレルギー性じんましんで、原因は直射日光なので日除けが一番の予防法になります。
日光じんましんは、直射日光に当たった直後に発症し、数時間で治まることが多く、症状はほかのじんましんと同様、赤く腫れて痒みを伴います。
日光に当たることが原因じんましんなので春〜夏の紫外線の多い時期によく発症します。
日光じんましん治療は抗ヒスタミン剤の服用や軟膏の塗布で対処します。
外出するとじんましんが発症することがある人は早めに皮膚科で専門医の診察を受けましょう。

じんましんの種類

じんましん(蕁麻疹)は原因によりアレルギー性じんましんと非アレルギー性じんましんに分類され、経過により急性じんましんと慢性じんましんに分類されることは説明しましたが、じんましんの種類は具体的にどのようなものがあるのでしょうか。

関連エントリー

アレルギー性じんましん 心因性じんましん 機械性じんましん コリン性じんましん 寒冷じんましん 温熱じんましん 日光じんましん