スポンサードリンク

Top >  じんましん(蕁麻疹)基礎知識 >  じんましんの原因

じんましんの原因

じんましん原因はさまざまです。
蕎麦(そば)、サバ、卵、エビ、カニ、などの食べ物が原因になることは知られていますが、その他にほうれん草や竹の子がじんましん原因になることもあります。
また、食品以外にもペニシリン等の抗生物質、食品添加物、ストレス、はたまた寒くなったり暖かくなったりすること(寒冷じんましん、温熱じんましん)や日光に当たること(日光じんましん)でもじんましんが起こることもあります。
じんましんの仕組みはヒスタミン(免疫系に関係する信号伝達物質であり、アレルゲンが体内に侵入すると、細胞から免疫系に働きかけ放出される微小分子)によって毛細血管が拡張し、血液中の水の成分が漏れ、皮膚に浮腫がおこります。
じんましん」イコール「アレルギー」のイメージをお持ちの方もおおいですが、必ずしもアレルギーが関係しているわけではありません。むしろアレルギーが関係しないじんましん(非アレルギー性じんましん)にかかる人のほうが多いくらいです。しかし、大半のじんましん原因についてはまだ解明されていない部分があります。

じんましん(蕁麻疹)基礎知識

じんましん(蕁麻疹)が起こる原因やじんましん(蕁麻疹)の症状など基礎知識。じんましん(蕁麻疹)は誰にでも起こるごくありふれた病気ですが、放置しておくと危険な場合もあるので、きちんとした知識を身につけて対処しましょう。

関連エントリー

じんましん(蕁麻疹)とは じんましんの症状 じんましんの原因