スポンサードリンク

Top >  じんましん(蕁麻疹)基礎知識 >  じんましん(蕁麻疹)とは

じんましん(蕁麻疹)とは

じんましん蕁麻疹)とは健康な皮膚の一部が何らかの刺激により突然赤く腫れ、かゆみを伴う病気で、約2割の人がじんましんを一度は経験したことがあると言われています。人がイラクサ(蕁麻)の葉に触れると痒みを伴う発疹が出現するため蕁麻疹じんましん)と言う。
膨疹(腫れ)の形は円形のものや線のようなもの、地図状のものまで様々で、大きさも数ミリ程度のものから、10センチ以上のものまで様々です。
じんましんは通常数時間から数日間と比較的短時間で消えるのが特徴で、じんましんが消えた後の皮膚は元の状態に戻ります。
じんましんの経過によって「急性じんましん」・「慢性じんましん」に分けられ、1ヶ月以上断続的に症状が続く場合を慢性じんましんと言います。
じんましんは経過による分類(急性じんましん慢性じんましん)の他、原因によっても大きく2種類に分類され、1つは食べ物・薬品・化学物質などが原因となるアレルギー性じんましん。もう1つはストレスなどが原因となる非アレルギー性じんましんです。
じんましんは時間が経てば自然に消えてしまうことから病院に行かずに放置する場合が多く見られますが、じんましんを放置しておくと嘔吐や下痢、場合によっては命に関わる事もあるのでじんましんになったら専門医のもと適切な治療を受けるようにしましょう。

じんましん(蕁麻疹)基礎知識

じんましん(蕁麻疹)が起こる原因やじんましん(蕁麻疹)の症状など基礎知識。じんましん(蕁麻疹)は誰にでも起こるごくありふれた病気ですが、放置しておくと危険な場合もあるので、きちんとした知識を身につけて対処しましょう。

関連エントリー

じんましん(蕁麻疹)とは じんましんの症状 じんましんの原因