スポンサードリンク

Top >  じんましんの原因による分類 >  アレルギー性じんましん・非アレルギー性じんましん

アレルギー性じんましん・非アレルギー性じんましん

じんましんアレルギーが関係しておこる「アレルギー性じんましん」だけではなく、アレルギーとは無関係な「非アレルギーじんましん」もあります。

アレルギー性じんましんには蕎麦・魚・果物などの食べ物が関係する食事性じんましん、抗生物質などの薬品が関係する薬剤性じんましん、皮膚に触れたものに反応する接触じんましんがあります。
食物アレルギーがある人は知らず知らずのうちにその食べ物が含まれる食事を食べないよう注意が必要です。また、サバなどの青魚を食べると「じんましん」が出る人がよくいますが、その内のほとんどの人がサバがじんましん原因になっているのではなく、サバに寄生しているアニサキスという寄生虫が原因となってじんましんを起こしていることが多いようです。

一方、非アレルギーじんましんには感染症(風邪など)に伴うもの、運動、圧迫、暑さ・寒さ、緊張、ストレスなどがじんましん原因となるものがあります。
アレルギーじんましん」はT型アレルギーが関わっており、「非アレルギーじんましん」は機械的な刺激(ひっかく、圧迫など)、温度、汗、日光などの刺激が皮膚の肥満細胞に作用してじんましんが起こると考えられています。

じんましんの原因による分類

じんましん(蕁麻疹)は原因により「アレルギー性じんましん」と「非アレルギー性じんましん」に分類されます。それぞれのじんましん(蕁麻疹)の特徴についてまとめてあります。

関連エントリー

アレルギー性じんましん・非アレルギー性じんましん