スポンサードリンク

Top >  じんましんの治療 >  じんましんの薬

じんましんの薬

アナフィラキシーに伴うじんましん(呼吸困難や血液低下など)の治療はステロイド注射をします。
注射ができない場合はなるべく食べたものを吐かせてしまいます。
食物アレルギーによるじんましんの場合は、ステロイドの内服を、それ以外の急性じんましんの場合は抗ヒスタミンを内服することで比較的簡単に治ることが多い。
しかし、慢性じんましんの場合は治療が長引き、数種類のを併用しなければならないこともあります。
じんましん治療には通常軟膏(塗り)はあまり使わず、内服を使用するのが一般的ですが、じんましんができた部分を掻きすぎて湿疹を起こしてしまった場合などはステロイド外用を塗布するのも効果的です。

じんましんの治療

じんましん(蕁麻疹)にかかった場合の治療法についてまとめてあります。専門医の診察を受け、正しい知識を身につけてじんましん(蕁麻疹)に対処しましょう。

関連エントリー

じんましんの薬