スポンサードリンク

Top >  子供のアレルギー症状 >  子供のじんましん

子供のじんましん

赤ちゃん幼児など小さな子供は、消化機能の未発達や免疫が少ないことにより、特定の食物を食べたときにじんましんや下痢・気管支ぜんそくなどの食物アレルギーを起こすことがよくあります。
食物アレルギーで一番危険な症状がアナフィラキシーショックと呼ばれる症状で、食事の直後顔面が青ざめ、呼吸困難などを起こし、最悪の場合死に至るケースも稀にあります。
子供じんましんなどの症状が少しでも思い当たる節があるときは早急に専門医の治療を受けるましょう。
子供の食物アレルギー治療は、赤ちゃんで牛乳アレルギーがみられる場合は、アレルギーの子供用のミルクに替えます。もし、ミルクの代わりに大豆乳を与えると大豆アレルギーを起こす恐れがあるため、アレルギー子供用ミルクのほうが安全です。
たくさんの種類の食物にアレルギー反応がみられる場合は、抗アレルギー薬をずっと飲ませることもあります。抗アレルギー薬とはアレルギー症状を起こしにくくする薬で、副作用はないので長期間飲み続けても心配ありません。
また、子供のころじんましんなどの症状がみられた場合でも、成長とともに免疫が増えたり消化機能が発達して症状がみられなくなることが多い。


子供のアレルギー症状

赤ちゃん・幼児・子供のアレルギー性の病気は、アトピー性皮膚炎だけではありません。アレルギー体質の子供は様々なものに対しアレルギー反応を起こしやすいので母親が症状・原因・治療の正しい知識をしっかり身につけなければなりません。

関連エントリー

子供のじんましん