スポンサードリンク

Top >  じんましんの種類 >  寒冷じんましん

寒冷じんましん

寒冷じんましん蕁麻疹)とは冷たいものに触れたり、冷たい風にあたることにより発症する「じんましん」です。寒冷じんましんの症状は、皮膚が赤く腫れ、痒みを伴います。
特に冬場に発症することが多く、冷たいフローリングの床を素足で歩いて足の裏が痒くなる・入浴後の体温低下によって痒くなる・冷たい飲み物を飲んで唇や口内が痒くなる・冷たい風に当たって顔が痒くなるなど体が冷たくなるたびに皮膚に発疹ができて痒くなる人は寒冷じんましんの可能性が高いといえます。

寒冷じんましん予防法は、冷たい物質に触れないこと、冷たい飲み物を飲まないこと、外出時は冷たい風に触れないように肌の露出を減らして出かけるなど、とにかく体温より温度の低い物質と皮膚の接触を避けることが寒冷じんましんの予防になります。

程度の軽い寒冷じんましんはそのまま放置して症状が治まり、たまに再発する程度のこともありますが、悪化する恐れもあるので早めに皮膚科での専門医の診察を受け、正しく寒冷じんましんに対処しましょう。

寒冷じんましん治療は通常のじんましん同様、抗ヒスタミン剤や抗アレルギー剤などの薬が処方され、服用します。
また、漢方が効果的な場合もあるようです。

じんましんの種類

じんましん(蕁麻疹)は原因によりアレルギー性じんましんと非アレルギー性じんましんに分類され、経過により急性じんましんと慢性じんましんに分類されることは説明しましたが、じんましんの種類は具体的にどのようなものがあるのでしょうか。

関連エントリー

アレルギー性じんましん 心因性じんましん 機械性じんましん コリン性じんましん 寒冷じんましん 温熱じんましん 日光じんましん