スポンサードリンク

Top >  アレルギーの基礎知識 >  アレルギーとは

アレルギーとは

アレルギー(Allergie)とは、免疫反応が、特定の抗原(生体内に入ると抗体をつくらせる原因となる物質)に対しての過敏反応のことで、通常はT型アレルギー反応によるものを指します。
免疫反応は、外来の異物(抗原)を排除するために働く、生体にとって不可欠な機能です。
アレルギーが起こる原因は不明ですが、抗原に対する過剰な曝露、遺伝などが原因として考えられています。
アレルギーを引き起こす環境由来抗原を特にアレルゲンといい、代表的なものにハウスダスト、花粉、カビ、食物、薬品があげられます。
また、アレルギー反応はT型からW型の4種類に分類され、T型アレルギー反応が原因と考えられる病気(気管支喘息、アレルギー性鼻炎、花粉症、アトピー性皮膚炎、食物アレルギー、じんましん等)をアレルギー性疾患といいます。


アレルギーの基礎知識

アレルギー(Allergie)とは、免疫反応が、特定の抗原に対しての過敏反応のことで、通常はT型アレルギー反応によるものを指します。アレルギー反応はT型からW型の4種類に分類され、それぞれ特徴があります。また、アレルギーの原因となる抗体(アレルゲン)も食物・花粉など様々存在します。

関連エントリー

アレルギーとは アレルギー反応の分類 アレルゲンの種類