スポンサードリンク

Top >  じんましん(蕁麻疹)治療日記 >  じんましん(蕁麻疹)発症から2ヶ月

じんましん(蕁麻疹)発症から2ヶ月

蕁麻疹(じんましん)発症から2ヶ月、毎日アレルギー治療薬を飲まないでいられるようになりましたが、依然じんましんは出てきます。
発症初期は1日1錠薬を飲んでいたのが、2日に1錠・3日に1錠・・・・となり、今では一週間に1錠とだいぶ楽になりました。
とはいえ、薬を服用してから1週間ほど経過すると必ず「かゆみ」に襲われるので油断は禁物。常に薬を持ち歩いて、いつ何時発症するかもしれない蕁麻疹(じんましん)に備えています。
一度かゆみが現れるとあっという間に下写真のようにミミズ腫れのようになってしまいます。

じんましん写真画像

いつもはじんましん発症から2ヶ月ほどで完治して、薬も飲まなくて済むのですが、どういう訳か今回はいまだに治りません。今年はスギ花粉が多いそうなのでその影響もあるのかもしれません。

私の場合、まず足からかゆみが訪れ、腰・腕・背中とだんだん上にあがってくる場合がほとんどで、
腕や背中のあたりに発症した時点でいつもの治療薬(アレジオン)を服用します。
1錠薬を服用すれば1時間後には跡形もなく「みみず腫れ」が引いてそれと共にかゆみも完全に無くなります。
時折、足のみかゆみが現れるだけで済むときもあり、そういう場合は薬を飲まずに放置しておいてもいつしか症状が治まります。

じんましん(蕁麻疹)治療日記

じんましん(蕁麻疹)の治療をレポート

関連エントリー

じんましんのジェネリック薬 じんましん(蕁麻疹)発症 じんましん(蕁麻疹)治療のため病院選び じんましん(蕁麻疹)治療薬について じんましん(蕁麻疹)発症から2ヶ月