« 2008年2月27日 | じんましん Top

最新記事【2012年7月26日】

じんましんが発症して以来ずっと今まで治療薬はアレジオンしか処方されたことがなかったのですが、先日かかりつけの病院に行った時、ジェネリック薬(後発医薬品。特許が切れた医薬品を他の製薬会社が製造或は供給する医薬品)にするかはじめて聞かれました。
成分製法は同じで価格が安いので迷うことなくジェネリックを処方していただきました。

aleloff.jpg

日医工株式会社の「アレルオフ錠20」という薬で、見た目もアレジオンそっくりです。
先発医薬品と後発医薬品のジェネリックは成分が同じといわれていますが、効き目が違うばあいがあるという噂を耳にしたことがあるので若干不安ではありましたが、今のところ全く違いは分かりません。私の場合、じんましんがひどい時期は毎日1錠飲んでいるのでジェネリックは経済的に非常に助かります。
それにしてもお医者さんは今までなぜジェネリック薬を勧めてくれなかったのでしょうか?いつも同じ病院で同じ先生に診ていただいていたのに。
ジェネリック薬に関してあまり知識がない私は、アレジオンのジェネリックは存在しないのかと思い込んでおりました。事実、全ての薬のジェネリックが存在するわけではないそうです。

じんましん・原因と治療

じんましん(蕁麻疹)の原因・症状・治療について。 ある日突然何の前触れもなく蕁麻疹(じんましん)は発症します。腕が赤く腫れ上がり、ひどいかゆみに襲われます。いつ誰にでも突然発症する可能性のある「じんましん」について正しい知識を身につけて適切な処置で対処しましょう。